[ 何もかも嫌になった時 ]

宝くじが当たったら仕事辞める
目次へ


宝くじが惜しかった時


宝くじが惜しかった時はくやしいですね。

1億円の当選番号に近いものがあったことが過去にありました。

でも単なるハズレでした。

いくら番号が近くてもハズレはハズレです。
限りなく近ければ前後賞とか組違いとかもありますけど、真ん中の方のケタだけが1違いとかだったらなんかすごい悔しかったりします。

まあ、それを当たりにしてたら山ほど当たりが出てきてしまいますけどね。

しかし、当たりそうなクジを調べてるときはドキドキします。

もうちょっとで1億円当たりだったのに〜と思うと、当たってもいないのに何故か人に話したくなります。

「1億円当たりそうだったよ!」と。

まあ「結局ハズレでしょ」とか「惜しかったね」
とか言われるだけで相手にされませんが(笑)

でもその当たりそうだった感は結構好きです。かすりもしてないよりかは楽しめました。次も買おうと思う気持ちになりました。

逆の気持ちになる人もいるかと思いますけどね。ギリギリで当たらないんだったら全く当たらない方がマシだよって落ち込む人など。

宝くじが当たったら仕事辞める
目次へ



宝くじプレゼント

宝くじ 必ず300円は当たるけど

宝くじ購入 連番かバラか

宝くじが惜しかった時
ハズレはハズレだが

宝くじの醍醐味

宝くじの当選確認を人に頼むって

ナンバーズ3の当選番号が777

9月2日 くじの日

年末ジャンボ宝くじの発表

当たった話を聞いた人のリアクション

夢を買うか 現実を買うか