貧乏だけど幸せ
目次へ

[ 何もかも嫌になった時 ]


千円札と一万円札を間違える


昔、ひいおじいちゃんがまだ元気だった頃。

正月になるとお年玉をくれました。

袋を開けてみると、3000円が入っていました。

兄の袋には1万2千円が入っていました。

お兄ちゃん、いっぱいなんだね。

年上だからたくさんもらえるのかなあ。

ってちょっとうらやましく思っていたら、ひいおじいちゃんがあれっ?とおかしな顔をしました。

実は、ひいおじいちゃんは1枚間違えて入れてしまったのでした。

本当は兄にも3千円入れるつもりが、そのうちの一枚を一万円にして入れてしまったのでした。

ひいおじいちゃんはしまったなあと思っていたことでしょう。

でも渡してしまったものは返せといえないなあ、とニコニコしながらそのまま兄は1万2千円をもらったのでした。

そんなやさしいひいおじいちゃんは90歳近くまで長生きしました。

[ お金が全然ない時 ]



貧乏だけど幸せ
目次へ

娯楽費ゼロで生きてみよう

貯金箱に100円玉だけ入れて貯める

お金を落としたらみんなが集まってきた

値段がわからない物は誰も買わない

スピード違反で罰金8万円

通帳への記入の仕方に性格が出る

自動販売機にお金を入れても無反応

同じ物でも店によって値段が違う

安定した収入→安く定まった収入

存在を知らなければほしいと思うこともない


資格を取るにはお金がかかる

テレホーダイというサービスがあった

小銭が貯まってきて邪魔

2千円札が引き出しに残っている

側面にギザギザがついていないのはどれ?

五千円札に描かれている人物は誰?

夏目漱石の千円札

千円札と一万円札を間違える

親の白髪を抜いてお小遣いをもらう


真夏の道路に落ちている硬貨が熱い

レシートを読み返してみよう

クレジットカードの更新時期

なんでこんなもの買ったんだろ?

無駄遣いはしないように心がける

手に入れると失うことが怖くなる

じわじわと財布の中身が減っていく

年末年始の出費が激しい

いざという時にしか使わないお金

何故かお釣りが出てきた

  

[ 何もかも嫌になった時 ]

[ 仕事辞めたい ]