日常に潜む危険
目次へ

 

  
熱い鍋 やけど
  
  

 

  

家にいる時でも絶対安全というわけではありません。

家の中で起こる危険な出来事はいろいろあります。

熱い鍋料理を作ったとき、鍋を運ぶときは注意しないといけないですね。

両手でしっかり持って足元に注意しながら運ぶ。

鍋の方ばかりに気がいって足をすべらせて転んだら一大事です。

熱い鍋が体にかかったらヤケドします。

それと、もうひとつ注意しないといけないのは鍋の取っ手です。

鍋の取っ手が壊れて取れる可能性があるからです。

持っている部分がバキッと取れたらもちろん鍋は落下して、熱い中身が全部こぼれるでしょう。

この取っ手がしっかりしているかいつも確認しています。

ぐらぐらしている取っ手の鍋を持って運ぶのは危険でしょう。

日常に潜む危険
目次へ